9月8日と9日に本社にて、2016年度1回目の定期健康診断をおこないました。

健康診断 健康診断

当社では会社継続の基礎となる従業員とその健康第一を考えており、従業員が健康に働ける職場作りのため、さまざまな活動をおこなっています。

管理者全員が意識を共有し、毎年度2回の健康診断を実施(100%の受診は勿論のこと)することや、健康状態悪化の防止対策(産業医の先生との面談を実施)などをおこない、従業員の健康管理をおこなっています。

今回の健康診断では、「血圧の値が正常に戻った」や、「前回よりも体重が減った」などと、嬉しそうに話をしている従業員を見かけました。そういう光景を目にすると管理者も嬉しいです。

その他には、従業員の健康に対する意識が年々上がってきていることを感じ、良いことだと思いました。しかし、有所見者を減らしていくには、健康に対する意識を持ってもらうことも当然大事ですが、検査結果により異常の所見があった場合は管理者側だけではなく、“従業員自身”がどのような取り組みをおこなうかが重要になってくると思います。

今後も、“健康に働ける職場作り”を実現するため、会社全体で従業員の健康管理を継続して推進していきます。