2月21日、株式会社ヨシダ商事運輸は、経済産業省と日本健康会議主催の「健康経営優良法人2017発表会」に参加をさせていただき、「健康経営優良法人」に認定されました。

健康経営優良法人認定証

「健康経営優良法人認定制度」とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。初回となる今回、当社は中小規模の企業や医療法人を対象とした「中小規模法人部門」において、「健康経営優良法人」の認定を取得しました。

当社では、会社継続の根幹となる“従業員の健康第一主義”の下、管理者全員が意識を共有し、毎年度2回の健康診断(受診率100%)、保健指導の実施(受診率100%)、健康状態悪化の防止対策(産業医との面談を実施)、健康相談日の設置などをおこない、従業員の健康増進活動を続けてきました。また、健康管理の意識を、高めていただくことを目的として、各営業所に血圧計を設置。1日1回血圧測定をしてもらうことによって、健康診断における血圧の有所見率を下げること及び、健康起因事故の未然防止を図っています。さらに、「健康で快適な職場づくり」の実現を当社の重点目標に掲げ、健康管理体制、職場環境を整えています。

当社は、今回の認定取得を契機とし、健康保持・増進をより一層強化していき、健康で快適な職場づくりに取り組んで参りたいと思います。

●「健康経営優良法人」公式ロゴ

PrintPrint