4月1日、西宮鳴尾浜の本社にて、平成29年度入社式をおこないました。

新入社員 新入社員

本年度は高校を卒業したばかりの新入社員2名が、新たにヨシダ商事運輸の一員となりました。

入社式は終始、緊張した面持ちの中でも和やかな雰囲気の中でおこなわれ、吉田社長から新入社員への激励の言葉が贈られたのち、辞令が交付されました。

また、会長及び役職者の方々からもお言葉をいただき、新入社員が今後の誓いの言葉を述べました。

二人の希望と緊張に満ちた表情や姿が、とても印象に残っております。

社員一同、新入社員として迎え入れられたことを大変嬉しく思うと同時に、数多くある運送会社から当社を選んでいただき、本当に感謝しております。

まだ、学生らしさが残る二人、これから大変なこともあると思いますが、様々な経験をし、立派な社会人として飛躍する事を期待しています。これから我々と一緒に頑張っていきましょう!

【吉田社長からのメッセージ抜粋】

入社、誠におめでとうございます。当社を代表して心から歓迎申し上げます。

全国には数多くの運送会社がありますが、運んでいる物は様々です。当社におきましては、創業以来、食品輸送をメインとして配送をしております。食品というのは、生活をする上で必要不可欠なものであり、食品輸送は、人の生活を支える重要なライフラインだと思います。

だからこそ、輸送の安全の確保と向上に努めなければなりません。

今年度から当社では、安全運転教育プログラムを策定し、実施しようと考えています。

日常において、運転を練習する機会は皆無に等しい中で、安全運転のための具体的な練習をすることにより、交通事故削減及び運転技術の向上を目的とします。事故惹起者はもちろんのこと、新入社員にも、実践研修を受講させ、運転技術を習得してもらいます。

来年度以降も新卒採用を積極的に進めていきますので、後輩たちのお手本となるような立派なプロドライバーになれるよう頑張ってください。我々と一緒に頑張っていきましょう!

20170412_2