1月13日と14日に、本社に検診バスに来ていただき、2015年度2回目の定期健康診断をおこないました。

健康診断

会社継続の基礎となる、従業員とその健康第一を考えております。
その中で、当社では毎年2回の健康診断を実施したり、従業員自身の健康管理や、管理者を含めて意識を共有し、従業員が健康に働く職場作りの為、定期健康診断の100%受診は勿論、さまざまな活動をおこなっております。

保険センターに出向いて健康診断を受ける方法では、本人との時間の調整も難しくなるため、当社では、会社に検診バスに来てもらって健康診断をおこなっております。従業員が効率よく受診が可能なように、取り組んでいます。

その活動の結果、今回(2015年度2回目)の健康診断でも、100%受診をさせることができました。活動の成果でもありますが、従業員一人一人の健康に対する意識が上がってきたからこそ、100%の受診ができています。

また定期的に、健康診断を実施するだけではなく、健康診断の検査結果により、何らかの健康上の懸念があった従業員に対しては、産業医の先生との面談を実施することなど、健康状態悪化の防止に努めています。

今後も、従業員が健康に働く職場作りをするため、従業員の健康管理を継続して推進していきます。