株式会社ヨシダ商事運輸は、2017年度に引き続き、経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人2018(中小規模法人部門)」の認定をいただきました。

20180305_2 20180305

「健康経営優良法人認定制度」とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している法人に与えられるもので、経済産業省および日本健康会議が主体となり行っている認定制度です。

当社の具体的な取組内容としては、これまで健康診断の受診率100%、全ドライバーに対する年2回の健康診断の実施、有所見者に対するフォローアップ、保健指導対象者の受診率100%に取り組んだほか、従業員の給与明細へ「ヨシダ衛生ニュース」を同封し情報を提供することにより、ご家族様とともに健康づくりを推進しています。また新たな取組として、2017年10月から2018年1月末までに、インフルエンザの予防接種を受けた従業員に対する費用の一部補助や、今年度の健康診断から胃部検診の導入も行っています。

当社では「今後予防が重要になってくる」と考えるなかで、従業員に対して運動を促進するために『社内スポーツジムの設置』や『社屋内全面禁煙』など「予防」をキーワードに色々なことに取り組んで参りたいと思います。