4月2日、西宮神社内の六英堂にて、入社式を開き、大卒4名、高卒2名、元自衛官1名が新たにヨシダ商事運輸の一員となりました。
西宮神社は商業の神を祭るえびす神社の総本社で、会場となった六英堂は、岩倉具視の私邸を移築したもの。明治天皇が行幸されたほか、西郷隆盛や伊藤博文、大久保利通といった重要人物と会合を重ねる拠点となったことで知られている。

20180418_01 20180418_02

入社式は終始、緊張した面持ちの中でも和やかな雰囲気の中でおこなわれ、吉田社長から新入社員への激励の言葉が贈られたのち、辞令が交付されました。
会長及び役職者の方々からもお言葉をいただき、新入社員が今後の誓いの言葉を述べました。
また、西宮神社の祈祷殿にて宮司さんのご祈祷をいただき、全員で交通安全や無病息災を願いました。
ご祈祷の後は貴賓室に移り、お祝いの料理を美味しくいただきました。
新入社員たちの希望と緊張に満ちた表情や姿が、とても印象に残っております。

社員一同、新入社員を迎え入れられたことに大変嬉しく思うと同時に、数多くある運送会社から当社を選んでいただいたことに、本当に感謝しております。

まだ、学生らしさが残る皆さん、これから慣れないことばかりで大変なこともあると思いますが、様々な経験をし、立派な社会人として飛躍する事を期待しています。

【吉田社長からのメッセージ抜粋】
この会場は岩倉具視らが日本の将来について語り合った場所。皆さんもまた、これからの歴史をつくることになる人たちだ。運送業は重要だが地味な仕事で、世間の目も厳しい。若々しい発想と行動を生かし、会社をより良いものにして欲しい。

20180418_03