11月23日、株式会社ヨシダ商事運輸は、「2018年度西宮市優良事業所顕彰~NISHINOMIYA APPLIED PRIZE(ニシノミヤ アプライド プライズ)~」を受賞致しました。

西宮市優良事業所顕彰は、ものづくり等の分野で優れた技術力・研究開発力を有する事業所に光を当て顕彰するとともに、広くPRを行い市民や事業者の理解を高めることにより、その企業活動を応援するもので、平成19年度に創設された、NISHINOMIYA TECH PRIZE(ニシノミヤ テック プライズ)に加え、技術の応用力に優れた事業所を対象としたNISHINOMIYA APPLIED PRIZE(ニシノミヤ アプライド プライズ)が新たに設けられました。

当社は、すべての車両に設置されたデジタルタコグラフと連動した「ドライブレコーダー四点カメラ」により、詳細な運行状況をほぼリアルタイムで把握する動態管理・車両管理システムを導入。
それにより収集した情報を、平成29年に設立した運転技術向上部が中心となり、事故対策や教育プログラムの策定及び実施などに活用しています。
この運転技術向上部門の設置及びトラックの動態管理・車両管理システムにより収集した情報を活用したドライバー教育プログラムの実施が評価され、今回の受賞に至りました。

さらに、自社で考えた教習コースにて事故や危険走行時を再現したケーススタディを実施しており、新人または既存のドライバーを問わず安全運行の教育・指導に力を注いでいます。
今後も今回の受賞を契機とし、運転技術向上部が主体となって、より一層ドライバーの教育・指導に注力していき、ヨシダ商事運輸全体のレベルアップにつなげていきたいと思います。

今後とも当社事業へのご理解・ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

20181128_01 20181128_02
左:兵庫県西宮市長 石井 登志郎様
右:株式会社ヨシダ商事運輸 代表取締役 吉田 慎太郎

●西宮市優良事業所顕彰ロゴマーク
周囲の五角形は、顕彰対象である技術の応用(技術が広がる様子)を表現し、中央のマークは、西宮の市花「さくら」をイメージしています。
20181128_03